PRESS RELEASES

カテゴリー: Press Release

自動調理ロボットによる人手不足解消・安定した美味しさの追求! 「駅そばロボット」実証実験を開始します!2020/3/3

JR東日本スタートアップ株式会社(代表取締役社長:柴田裕、以下「JR東日本スタートアップ」)と、「JR東日本スタートアッププログラム2019」で採択された「調理ロボットサービス」を開発しているコネクテッドロボティクス株式会社(代表取締役CEO:沢登哲也、以下「コネクテッドロボティクス」)は、株式会社日本レストランエンタプライズ(代表取締役社長:日野正夫、以下「NRE」)と協力し、駅そば自動ロボットによる店舗効率化を目指し、2020年3月16日(月)14:00より、そばいちnonowa東小金井店にて実証実験を開始します。

実験では、NRE協力のもと、コネクテッドロボティクスが開発したそばロボットを活用し、生そばを茹でる、洗う、締めるという工程を自動で行います。現在、国内の外食産業では人手不足がますます深刻化しており、調理の省力化や自動化が大きな課題となっています。今回そばロボットを活用することで、店舗全体の約8時間分程度、従業員約1人分の作業量を代替することができ、人手不足の解消・従業員の負担軽減を実現し、安定した美味しさを提供していきます。

【実証実験概要】

期間:2020年3月16日(月)~4月15日(水)

≪営業時間(月~金)7:00~22:00(土日祝)7:00~21:00≫

場所:そばいちnonowa東小金井店(JR東小金井駅)

内容:自動調理ロボットを活用した駅そばの提供

<そばロボットの機能>

アームロボットが専用てぼを持ち上げ、そばの茹で作業、ぬめり取り、冷水で締める作業を行います。

1時間あたりのそば生産量:40食

【JR東日本グループとコネクテッドロボティクスの協業について】

コネクテッドロボティクスは、「JR東日本スタートアッププログラム2019」の採択企業です。コネクテッドロボティクスとJR東日本グループは、「駅そば自動ロボットの開発による店舗効率化」と題して、調理ロボットに特化したAIや制御技術を活用し、駅そば業態をロボットテクノロジーで革新することで、人手不足の解決と味の均一化による飲食店の価値向上の実現を目指します。

【JR東日本スタートアッププログラム】とは

ベンチャー企業や様々なアイディアを有する方々から、駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス・サービスの提案を募り、ブラッシュアップを経て実現していくプログラムです。2017年度に初めて開催し、これまでに計63件の提案を採択。内閣府主催の2018年度 第1回日本オープンイノベーション大賞で経済産業大臣賞を受賞しました。鉄道事業やIT事業など幅広い分野の実証実験を行い、一部の取組みは実用化しています。

 

各社概要

JR東日本スタートアップ

会社名 :JR東日本スタートアップ株式会社

所在地 :東京都新宿区西新宿1-1-6-1201

代表者 :代表取締役社長 柴田 裕
設立 :2018年2月
事業内容 :事業シーズや先端技術の調査・発掘、ベンチャー企業への出資及び

JR東日本グループとの協業推進

URL:http://jrestartup.co.jp/

 

コネクテッドロボティクス

会社名 :コネクテッドロボティクス株式会社

所在地 :東京都小金井市中町2-24-16

代表者 :代表取締役CEO 沢登 哲也
設立 :2014年2月
事業内容 :飲食業向けロボットサービスの研究開発および販売

URL:https://connected-robotics.com/

 

日本レストランエンタプライズ

会社名 :株式会社日本レストランエンタプライズ

所在地 :東京都台東区台東一丁目30番7号

代表者 :代表取締役社長 日野 正夫
設立 :1938年9月
事業内容 :駅構内を中心とした飲食店・食物販店舗等の営業

URL:https://www.nre.co.jp/

SRSホールディングス株式会社と実用化に向けたロボット食洗システムを共同開発! ~洗い場作業の軽減により、店舗生産性の向上を目指します~2020/2/14

「調理ロボットサービス」を提供しているコネクテッドロボティクス株式会社(本社:東京都小金井市、代表取締役:沢登 哲也、以下「CR」)は、かねてよりSRSホールディングス株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:重里政彦、以下「SRS」)と共同でロボット食洗システムの開発を進めております。今後SRSの実店舗で行う予定の実証実験と同モデルのロボット食洗システムを2月に開催される国際ホテル・レストラン・ショーで展示いたします。

   

■共同開発の経緯

現在、国内の外食産業では人手不足がますます深刻化しており、調理の省力化や自動化が大きな課題となってきています。当社はそうした課題に対し、「高度なロボット制御の技術」と「ディープラーニングを活用したセンシングと学習技術」の組み合わせでロボットを知能化し、キッチンで働く人々を重労働から解放するロボットサービスの提供を進めてまいりました。飲食店のスタッフが行う作業の中でも食器洗浄の工程はスタッフへの負荷が大きく、自動化、効率化が早急に求められている領域です。SRSは2018年に発表した中期経営計画にてイノベーションによる省力化・効率化を中核骨子に定め、当社の「調理をロボットで革新する」というビジョンにご賛同いただいたことで、当社との共同開発に至りました。

 

■マーカーレスでお皿を認識し、予備洗い、洗浄、棚に並べる作業を一気通貫で実施

当社のロボット食洗システムはこれまでスタッフが行っていた「食器洗浄作業」と「洗いあがった食器を棚に並べる作業」を自動化します。スタッフは残飯を捨てて食器を置いておくだけで、あとはロボットが食器を認識し、予備洗い、食洗機での洗浄、洗浄後の食器を棚に並べる作業を全て自動で実施します。高度な画像認識・AI技術を搭載しており、食器に特定のマーカー(印)をつけずとも、また、食器が汚れていたとしても、多種類の皿を区別して認識し、食器に適した洗い方を可能としました。これにより、スタッフは接客サービスや調理など付加価値の高い業務に専念できるようになります。

 

今後については、早期の実用化に向けて、SRSが運営する店舗にて実証実験を行う予定です。

 

 ■ロボット概要

ロボット食洗システム
機能 1本目のアームロボットが平置きされたお皿とグラスなどの食器をを識別して持ち上げ、予備洗いをした後にラックに重ねて入れ、ラックを食洗機に押し込みます。その後、食洗機での洗浄が終わった後に、2本目のアームロボットが食器を種類ごとに棚に陳列します。

ロボット動作に関する動画はこちら:https://youtu.be/dxrxQIL57tE

処理能力 30分で約20~30人分の食器を洗浄可能

 

■国際ホテル・レストラン・ショー出展概要

【イベント専用ウェブサイト】 https://www.jma.or.jp/hcj/

【会期】2020年2月18日(火)~21日(金) 10:00~17:00(最終日は16:30まで)

【会場】幕張メッセ 国際展示場7ホール ※当社ブースは「7-H23」です。

 

日経ESGに掲載されました。2020/2/13

先日開催された日経フードテックカンファレンス2019のパネルディスカッションの様子を日経ESGに掲載していただきました。

掲載紙:日経ESG

掲載日:2020年2月8日(土)発刊号

タイトル:「2030年、食の未来を考える 世界の「食の課題」はイノベーションが解決する」

https://shop.nikkeibp.co.jp/front/commodity/0000/EC0249/

Soba Noodle Robot, AI Dishwashing Robot, Beer Serving Robot Debut! @HCJ 2020 in Makuhari2020/2/8

Connected Robotics Inc. (Tokyo) is going to exhibit at HCJ 2020, the biggest trade show for hospitality industry in Japan on Feb 18th-21st. This year, we will have a booth twice the size of last year, and exhibit a total of 6 types of robots, including three newly introduced robot services.

  1. Soba Noodle Robot <NEW>
  2. AI Dishwashing Robot <NEW>
  3. Beer Serving Robot <NEW>
  4. Takoyaki Robot (OctoChef)
  5. Soft Cream Robot (Reita)
  6. Hot Snack Robot for Convenience Stores

NEW Robots Description

■Soba Noodle Robot (Automating a series of Soba cooking processes of boiling, washing and tightening)

At the standing meal soba noodle shop in the stations, you can eat quickly before boarding or between transfers. The staff is busy working all day long. In the cooking process, boiled soba noodles are served to each person after being cooked together. By utilizing our soba noodle robot, the process of boiling, washing and tightening can be performed automatically. This initiative has been adopted by the JR East Startup Program and is being promoted in collaboration with JR East Startup Co., Ltd. and Japan Restaurant Enterprise Co., Ltd. * Future tests will be conducted at “Sobaichi” at JR Higashi Koganei Station.

 

■AI Dishwashing Robot (Recognize the dishes without a marker and carry out everything from pre-washing to washing and arranging them on the shelf)

This project has been developed as a joint research with Mizuuchi Lab at Tokyo University of Agriculture and Technology. This is a dishwashing robot that has been commercialized based on the demonstration machine that has been announced at the exhibition so far, in order to run in an actual kitchen. Washing dishes in restaurants is a work that is said to be smelly, dirty, and harsh and is avoided.

By utilizing our service, the only thing the staff need to do is simply throwing away the leftovers and putting the dishes on. The robot recognizes the dishes, conducts pre-washing and serves to the dishwasher, and arrange all the clean dishes on the shelf automatically. Equipped with advanced image recognition and AI technology, even if the plate is not marked with a specific marker, and even if the plate is dirty, the robot can recognize various types of dishes and choose a proper method to wash.

 

Beer Serving Robot (Robotic arm suspended from the ceiling provides beer)

The izakaya’s kitchen does a lot of cooking, so the space for making drinks is very limited. In addition, it takes time to serve beer orders. By utilizing our beer serving robot, the staff just starts to brew beer as soon as the order is placed, and the staff just receives it. It can be installed in a small space, and there is no need for people to take care.

 

▼About HCJ

https://www.jma.or.jp/hcj/

Date: February 18 (Tue)-21 (Fri), 2020 @ 10:00-17:00 (until 16:30 on the last day)

Venue: Makuhari Messe {International Exhibition Hall 7} * Our booth is “7-H23”.

*We will divide the booth into three and show the cooking robots that match the theme.

1. Soba in the station Soba Noodle Robot, AI Dishwashing Robot
2. Food court zone OctoChef, Reita, Beer Serving Robot
3. Convenience store zone Hot Snack Robot for Convenience Stores

 

▼Product Info

Soba Noodle Robot (NEW)
Function The arm robot lifts a special pot, boil, wash, and tightens it with cold water.
Capacity Approximately 40 pc / hour
AI Dishwashing Robot (NEW)
Function The arm robot identifies dishes and glasses, lifts them, and performs pre-washing. Put it on the rack and push the rack into the dishwasher. Display dishes and glasses on the shelves after washing is completed.

*Two robot arms are used.

Capacity Dishes for approximately 40-60 people / hour
Beer Serving Robot (NEW)
Function Recognizing the order, the arm robot takes out the plastic cup, extracts the beer, and serves it.
Capacity Approximately 1 cup / min
Takoyaki Robot (OctoChef)
Function Takoyaki cooking (process: pouring dough-baking). The staff prepares and tops the ingredients. It is also possible to check if there is unevenness in the printing with the AI function.
Capacity Approximately 288 pc / hour
Soft Cream Robot (Reita)
Function Serving the soft cream (process: order reception – product provision)
Capacity Approximately 2 pc / min
Hot Snack Robot for Convenience Stores
Function Take out the ingredients such as fried chicken from the freezer and cook it with a fryer. After cooking, transfer to a case and put in a self-contained warm storage. The robot manages the inventory of the self-contained heat storage and automatically cooks when it runs out.
Capacity Approximately 4 pc / min

TEL:03-4520-5786

Email:info@connected-robotics.com

【NEWロボット展示】 そばロボット、どんぶり食洗ロボット、ビール提供ロボットが初登場! 国際ホテル・レストラン・ショー2020に出展2020/1/30

「調理ロボットサービス」を開発しているコネクテッドロボティクス株式会社(本社:東京都小金井市、代表取締役:沢登 哲也)は、フードサービスの展示会である「国際ホテル・レストランショー2020(以下、HCJ2020)」に出展いたします。本年度は昨年の2倍の大きさのブースで展示し、今回新しくご紹介する3種類のロボットサービスを含む全6種類のロボットを展示します。

▼展示ロボット

  1. 【NEW】そばロボット
  2. 【NEW】どんぶり食洗ロボット
  3. 【NEW】ビール提供ロボット
  4. たこ焼きロボット(OctoChef)
  5. ソフトクリームロボット(レイタくん)
  6. コンビニ調理ロボットHot Snack Robot

▼NEWロボットの説明

駅中の立ち食いそば店では、乗車前や乗り継ぎの合間にさっと食事をすませます。スタッフは時間に追われながらの連続作業となり1日中大忙しです。その調理工程は、そばをまとめて茹で、一人分を取り分けて提供します。当社のそばロボットを活用することで、そばを茹でる、洗う、締めるという工程を自動で行うことが出来ます。本取り組みは、JR東日本スタートアッププログラムに採択され、JR東日本スタートアップ株式会社と株式会社日本レストランエンタプライズと連携して進めています。※今後JR東小金井駅の「そばいち」にて実証実験を行う予定です。

本プロジェクトは、東京農工大学水内研究室との共同研究として開発を進めてきたものです。これまでに展示会で発表してきたデモ機を、実際のキッチンで稼働させるために製品化した食洗ロボットです。飲食店におけるお皿洗いは臭い・汚い・きついと言われ敬遠される仕事です。当社のサービスを活用することで、スタッフは残飯を捨ててお皿を置いておくだけで、あとはロボットがお皿を認識し、予備洗い、食洗機での洗浄、洗浄後のお皿を棚に並べる作業を自動で実施します。高度な画像認識・AI技術を搭載しており、お皿に特定のマーカー(印)をつけずとも、また、お皿が汚れていたとしても、多種類の皿を区別して認識し、お皿にあった洗い方を可能としました。

居酒屋のキッチンでは沢山の調理を行うため、ドリンクを作るためのスペースが非常に限られています。また、ビールの注文が重なると提供に時間がかかってしまいます。当社のビール提供ロボットを活用することで、オーダーと同時にロボットがビールを淹れ始めスタッフは受け取るだけの作業となります。省スペースで設置ができ、人が張り付く必要はありません。

 

▼国際ホテル・レストラン・ショー出展概要

【イベント専用ウェブサイト】 https://www.jma.or.jp/hcj/

【事前申し込み】招待状がお手元にない場合は、下記URLより無料で招待状の請求が可能です。是非ご活用ください。

https://jmacv.herokuapp.com/hcj2020/visitors/confirmmail?exhibitors=109031&language=ja

【会期】2020年2月18日(火)~21日(金) 10:00~17:00(最終日は16:30まで)

【会場】幕張メッセ 国際展示場7ホール ※当社ブースは「7-H23」です。

【出展ロボット】ブースを3つに区切り、テーマに合わせた調理ロボットを展示します。

駅中そばゾーン: そばロボット/どんぶり食洗ロボット
フードコートゾーン: たこ焼きロボット/ソフトクリームロボット/ビール提供ロボット
コンビニゾーン: コンビニ調理ロボットHot Snack Robot

▼製品情報

①そばロボット(NEW)
機能 アームロボットが専用てぼを持ち上げ、そばの茹で作業を行い、水でぬめり取りを行い、冷水で締め作業を行います。
生産能力 1時間あたりのそば生産量:40食
②どんぶり食洗ロボット(NEW)
機能 アームロボットが平置きされたお皿とグラスを識別し、持ち上げ予備洗いをしてラックに重ねて入れ、食洗機にラックを押し込みます。その後洗浄が終わった後の皿とグラスを、棚に陳列します。※アームロボットを2本利用します。
処理能力 30分で約20~30人分の食器を洗浄可能
③ビール提供ロボット(NEW)
機能 アームロボットがプラコップを取り出し、ビールを抽出し、提供を行います。
生産能力 ビール1杯あたりの提供時間:1分
④たこ焼きロボット(OctoChef)
機能 アームロボットが鉄板に油をひき、生地の流し込みから焼き上げまで自動で行います。食材の仕込みとトッピングはスタッフが行います。AI機能により焼きムラがないか確認することも可能です。
生産能力 1回あたりのたこ焼き生産量:約20分で96個調理可能
⑤ソフトクリームロボット(レイタくん)
機能 アームロボットがソフトクリームを巻き、商品提供を行います。
生産能力 1個あたりの提供時間:約32秒
⑥コンビニ調理ロボットHot Snack Robot
機能 アームロボットが冷凍庫から唐揚げ等の材料を取り出してフライヤーで調理を行い、調理後はケースに移し替えセルフ式保温庫へ入れます。更にロボットがセルフ式保温庫の在庫管理を行い、足りなくなった時点で自動的に調理を行います。
生産能力 約5分で20個揚げ調理可能

 

▼会社概要

商号   : コネクテッドロボティクス株式会社 (Connected Robotics Inc.)

代表者  : 代表取締役 沢登 哲也

所在地  : 〒184-0012 東京都小金井市中町2-24-16 農工大・多摩小金井ベンチャーポート

設立   : 2014年2月

事業内容 : 飲食業向けロボットシステムの開発・販売

資本金  : 1億円

URL   : https://connected-robotics.com/

NEDO「研究開発型ベンチャー支援事業」の採択企業に選出!2019/12/24

「調理ロボットサービス」を開発しているコネクテッドロボティクス株式会社(本社:東京都小金井市、代表取締役:沢登 哲也)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)が実施した2019年度「研究開発型ベンチャー支援事業/シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援」(最大補助金額:7,000万円)の公募において採択企業に選出されましたのでお知らせいたします。

■食器洗い前の悪条件でも食器の画像認識を確実にするための研究開発

同事業に採択されたことで、NEDOの支援体制のもと、事業を推進するための研究開発費用の補助金支援を受けることができます。

当社は本補助金支援を活用し、ロボット食洗サービスの研究開発を推進させます(助成事業の名称:食器洗浄ロボットシステム向けSim-to-Real系の構築)。

 

 

 

 

 

ロボット食洗サービスの実用化において、ロボットは飲食店のキッチンで想定されうる様々なノイズ(キッチン内の光や影、反射による光量の違いやお皿の汚れなど)のある環境下で、適切に且つ精度高く対象物を認識する必要があります。現行のロボット食洗サービスでは、各食器に対し適切な画像認識をさせるために実際の対象物を用い、様々なノイズ環境を再現しひとつずつロボットに認識をさせる必要があり、そのために膨大な時間がかかっていましたが、ソフトウェア上での3Dシミュレーション技術の研究開発を進めることで、高速かつ精度高く現実の環境に近い多様な模擬環境をつくりだすことができるようになります。

本研究開発を通して、ロボットの学習時間が削減され、光や汚れなどの外乱に強く、且つ未知の食器が来ても位置姿勢、種類が識別できる高度な画像認識技術の実現を目指すことで実用化に向けた開発スピードを加速させます。

当社は「調理をロボットで革新する」をテーマに、今後もロボットサービスによるキッチンの省力化と魅力あるサービス提供を推進してまいります。効率性とエンターテイメント性を兼ね備えた、新しい飲食店をぜひご体感ください。

NEDO2019年度研究開発型ベンチャー支援事業の概要については下記ウェブサイトをご参照ください。

https://www.nedo.go.jp/koubo/CA3_100213.html

 

■会社概要

商号   : コネクテッドロボティクス株式会社 (Connected Robotics Inc)

代表者  : 代表取締役 沢登 哲也

所在地  : 〒184-0012 東京都小金井市中町2-24-16

農工大・多摩小金井ベンチャーポート

設立   : 2014年2月

事業内容 : 飲食業向けロボットシステムの開発・販売

資本金  : 4億8千万円

URL   : https://connected-robotics.com/

▼事業・サービス概要

コネクテッドロボティクス株式会社は、「調理をロボットで革新する」をテーマに、飲食店のキッチンでの調理に特化したロボットサービスの提供を行う企業です。

現在、国内の外食産業では人手不足がますます深刻化しており、調理の省力化や自動化が大きな課題となってきています。

当社はその課題に対し、「製造業でのロボット製品開発経験から培われてきたロボット制御のノウハウ」と「ディープラーニングを活用したセンシングと学習技術」の組み合わせでロボットを知能化し、キッチンで働く人々の仕事をサポートし、「働く人と食事をする人の両方に喜びを提供するロボットサービス」の開発を進めています。

現在、当社ではディープラーニングを活用してたこ焼きの調理具合を判定し、人間のように調理することができる自動たこ焼き調理ロボットサービス「OctoChef」や、自動ソフトクリームロボットサービス「レイタ」を既に販売しております。今後、自動食洗機ロボットサービス「Dish Washing System」やコンビニ向け「Hot Snack Robot」の製品化に向けて研究開発を加速させてまいります。

 

国際ホテル・レストランショー2020へ出展します!2019/11/27

ヒト・モノ・情報の交流と発信を通じて、サービス産業の活性化に貢献するホスピタリティとフードサービスの商談専門展である「国際ホテル・レストランショー2020」にて、当社は昨年に引き続き自社ブースを展開しますのでお知らせいたします。

【イベント専用ウェブサイト】
https://www.jma.or.jp/hcj/
【会期】
2020年2月18日(火)~21日(金)
10:00~17:00(最終日は16:30まで)
【会場】
幕張メッセ 国際展示場1~8ホール
※当社ブースは「7-H23」になります。
【展示規模】
約2,600ブース
【来場登録者数】
68,000名(同時開催展含む)予定

当社ブースで展示するロボット等の詳細は年明けにご案内いたします。

中小機構アクセラレーション事業「FASTAR」の採択企業に選出!2019/11/8

「調理ロボットサービス」を開発しているコネクテッドロボティクス株式会社(本社:東京都小金井市、代表取締役:沢登 哲也)は、独立法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構 所在地:東京都港区 理事長:豊永 厚志)が行うベンチャー成長支援アクセラレーション事業「FASTAR」の2019年度支援先企業へ採択されましたのでお知らせいたします。

  

 

 

■6ヶ月または1年間継続して、専門家が事業成長の加速化を支援

同事業に採択されたことで、中小機構のサポート体制のもと、事業計画のブラッシュアップや資金調達、事業提携など成長の加速化に向けた支援を受けることができます。

《支援方法》

当社は「調理をロボットで革新する」をテーマに、今後もロボットサービスによるキッチンの省力化と魅力あるサービス提供を推進してまいります。効率性とエンターテイメント性を兼ね備えた、新しい飲食店をぜひご体感ください。

 

▼アクセラレーション事業概要

【事業名】           2019年度アクセラレーション事業「FASTAR」

【主催団体】                独立法人中小企業基盤設備機構

【採択企業】                2019年7月に実施された一次公募にて応募社の中から15社が採択されました。AI、バイオテクノロジー、医療・ヘルスケア分野などで成長を目指す企業の支援を行っています。

 

▼事業・サービス概要

コネクテッドロボティクス株式会社は、「調理をロボットで革新する」をテーマに、飲食店のキッチンでの調理に特化したロボットサービスの提供を行う企業です。

現在、国内の外食産業では人手不足がますます深刻化しており、調理の省力化や自動化が大きな課題となってきています。

当社はその課題に対し、「製造業でのロボット製品開発経験から培われてきたロボット制御のノウハウ」と「ディープラーニングを活用したセンシングと学習技術」の組み合わせでロボットを知能化し、キッチンで働く人々の仕事をサポートし、「働く人と食事をする人の両方に喜びを提供するロボットサービス」の開発を進めています。

現在、当社ではディープラーニングを活用してたこ焼きの調理具合を判定し、人間のように調理することができる自動たこ焼き調理ロボットサービス「OctoChef」や、自動ソフトクリームロボットサービス「レイタ」を既に販売しております。今後、ロボット食洗サービス「Dish Washing System」やコンビニ向け「Hot Snack Robot」の製品化に向けて研究開発を加速させてまいります。

■会社概要

商号   : コネクテッドロボティクス株式会社 (Connected Robotics Inc)

代表者  : 代表取締役 沢登 哲也

所在地  : 〒184-0012 東京都小金井市中町2-24-16

農工大・多摩小金井ベンチャーポート

設立   : 2014年2月

事業内容 : 飲食業向けロボットシステムの開発・販売

資本金  : 4億8千万円

URL   : https://connected-robotics.com/

 

 

 

JR東日本スタートアッププログラム選出企業に認定!2019/11/7

「調理ロボットサービス」を開発しているコネクテッドロボティクス株式会社(代表取締役:沢登 哲也)は東日本旅客鉄道株式会社(代表取締役社長:深澤祐二、以下「JR東日本」)とJR東日本スタートアップ株式会社(代表取締役社長:柴田裕)が進めるベンチャー企業や優れた事業アイディアを有する方々との協業によるビジネス創造活動 「JR東日本スタートアッププログラム」の選出企業に選ばれたことをお知らせいたします。

本プロジェクトに選出されたことで、JR東日本グループの経営資源を活用して、新たなビジネスやサービスを創出するための協業プランを練り上げ、年度内に実現していきます。

 

今回のプログラムを通して、当社は「駅そば自動ロボットの開発による店舗効率化」にチャレンジします。調理ロボットに特化したAIや制御技術を活用し、駅そば業態をロボットテクノロジーで革新することで、人手不足の解決と味の均一化による飲食店の価値向上の実現を図ります。JR東小金井駅構内の駅そば業態にて、2020年3月の実現を目指します。

 

当社は、「調理をロボットで革新する」をテーマに、人と安全に一緒に働くことができるアーム型の協働ロボットを活用し、人工知能による画像認識を通じたディープラーニング等の最新技術を組み込んでおります。駅を取り巻く飲食関連企業で働く従業員の方々の負担を軽減し、食事を召し上がるお客様にはロボットが調理を行うプロセスを目で見て楽しんでいただける、より魅力的なキッチンを実現します。

 

■「JR東日本スタートアッププログラム」とは 

ベンチャー企業や様々なアイディアを有する方々から、駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス・サービスの提案を募り、ブラッシュアップを経て実現していくプログラム。2019年度の募集では合計262件の提案の中から、21件が採択された。2017年より同プログラムはスタートし、鉄道事業やIT事業など幅広い分野の実証実験を行い、一部の取組みは実用化にいたっている。詳細は下記URLをご参照ください。

http://jrestartup.co.jp/

 

■DEMO DAY(発表会)について

審査により採択された21件の提案の中から、社外審査員を交えてスタートアップ大賞、優秀賞を決定。なお、受賞企業および受賞者につきましては、後日、JR東日本スタートアップ株式会社のHP(http://jrestartup.co.jp/program/)にてお知らせ予定。

【開催日】2019年11月28日(木)

■会社概要

商号   : コネクテッドロボティクス株式会社 (Connected Robotics Inc)

代表者  : 代表取締役 沢登 哲也

所在地  : 〒184-0012 東京都小金井市中町2-24-16

農工大・多摩小金井ベンチャーポート

設立   : 2014年2月

事業内容 : 飲食業向けロボットシステムの開発・販売

資本金  : 4億8千万円

URL   : https://connected-robotics.com/

 

 

 

Takoyaki Robot (OctoChef)& Soft Cream Robot (Reita) East Japan Debut!2019/10/16

@Poppo Ito-Yokado Makuhari

Collaborating with Seven & i Food Systems Co., Ltd.

Takoyaki Robot OctoChefSoft Cream Robot Reita

As we disclosed on July, Connected Robotics has started the collaboration with the Seven & i Food Systems, one of the major players in food service industry in Japan. As the first step, we have successfully installed and started the operation of our Takoyaki Robot (Octo Chef) and Soft Cream Robot (Reita). This is the debut of these two kinds of robots in Kanto area.

Connected Robotics7&i Food SystemsPoppo

A kitchen with sense of presence and fun where robots and people cook together

Unlike traditional restaurants where only people cook, our Takoyaki Robot “OctoChef” performs a series of operations from pouring dough to baking and sorting into dishes. You can also see the Soft Cream Robot “Reita” performing the work process from winding the soft cream to serving it. We will provide a fun and creative food joy through our immersive kitchen, where our robots and people cook together, making it fun not only to see, but also to eat.

Saving the labor by utilizing deep learning robots

Our robots combine collaborative robots that can operate safely with people and cutting-edge technologies such as deep learning through image recognition. This reduces the burden on employees working in the kitchen and improves work efficiency.

Expected effects by introducing cooking robots

Brief

 

PR:Yurika Takano

TEL:03-4520-5786

Email:info@connected-robotics.com