PRESS RELEASES

【展示会出展】 2種のロボットが外食ビジネスウィーク2020に登場! ~コロナ対策に接触機会低減ロボットをご検討ください~

2020.8.19

「調理ロボットサービス」を開発しているコネクテッドロボティクス株式会社(本社:東京都小金井市、代表取締役:沢登 哲也)は、日本最大級の外食産業向けサービスの展示会「外食ビジネスウィーク2020(以下、外食ビジネスウィーク)」に出展いたします。飲食店の実店舗で稼働している、そばロボットとソフトクリームロボットの二種類を展示し、調理の実演を行います。

■展示ロボット

 

 

 

 

 

 

■各ロボットの説明

そばロボット(茹でる・洗う・締めるの一連のそば調理プロセスを自動化)

駅中の立ち食いそば店では、乗車前や乗り継ぎの合間にさっと食事をすませます。スタッフは時間に追われながらの連続作業となり1日中大忙しです。また、狭いキッチン内でスタッフが行き来をしながら調理を行わなければならない心理的負担も大きいものとなります。当社のそばロボットを活用することで、茹で工程は全てロボットへ任せ、そばを茹でる、洗う、締めるといった工程を自動で行うことが出来ます。

生産能力: 1時間あたりのそば生産量:150食

▼動作工程はこちらをご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=cgrfBIrOXyE&t=3s

 

ソフトクリームロボット「レイタくん」(巻き作業から提供までのプロセスを自動化)

ソフトクリームをきれいに巻く作業は、キッチンスタッフに一定期間の習熟トレーニングが必要となります。また、スタッフによって毎回の抽出量もばらつきがちです。当社のロボットを活用することで、誰が操作をしても、決まった規定量を抽出し、品質の安定したソフトクリームを提供できることができます。また、キュートな見た目でコミカルなおしゃべりとともに動くため、お客様にもロボットを見て楽しんでいただけること間違いありません。

 生産能力: 1個あたりの提供時間:約32秒

▼動作工程はこちらをご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=PUgQmIlvsHc&t=9s

 

■外食ビジネスウィーク出展概要

【イベント専用ウェブサイト】 https://www.gaishokubusiness.jp/

【会期】2020年9月24日(木)~25日(金) 10:00~18:00(最終日は17:00まで)

【会場】東京ビックサイト 青海展示棟A・Bホール

※当社ブースは第11回そば・うどん産業展「A4-7」です。

【出展ロボット】そばロボット、ソフトクリームロボット

【入場方法】招待状のご持参または事前登録の上、ご来場ください。