PRESS RELEASES

そばロボットがJR東小金井駅「そばいち」で稼働を開始しました。

2020.3.16

本日より、当社が株式会社日本レストランエンタプライズ(代表取締役社長:日野正夫、以下「NRE」)と協力して開発したそばロボットの実証実験がJR東小金井駅構内の立ち食いそば「そばいち」にて始まりましたのでお知らせいたします。

今回、そばロボットを活用することで、店舗全体の約8時間分程度、従業員約1人分の作業量を代替することができ、人手不足の解消・従業員の負担軽減を実現し、安定した美味しさを提供していきます。

1カ月間の本実証実験を通して、店舗で働くスタッフの方々やお客様からいただくフィードバックを集め、今後の更なる開発につなげていきます。

(写真左から、JR東日本スタートアップ株式会社 代表取締役社長 柴田裕氏、コネクテッドロボティクス株式会社 代表取締役CEO 沢登哲也、株式会社日本レストランエンタプライズ 代表取締役社長 日野正夫氏)

【実証実験概要】

期間:2020年3月16日(月)~4月15日(水)

≪営業時間(月~金)7:00~22:00(土日祝)7:00~21:00≫

場所:そばいちnonowa東小金井店(JR東小金井駅)

内容:自動調理ロボットを活用した駅そばの提供

<そばロボットの機能>

アームロボットが専用てぼを持ち上げ、そばの茹で作業、ぬめり取り、冷水で締める作業を行います。

1時間あたりのそば生産量:40食