PRODUCT

Dish Washing System III

- Movie -

予洗い、洗浄、棚に並べる作業を一気通貫で実施し、皿洗い作業の負荷を軽減

飲食店におけるお皿洗いは臭い・汚い・きついと言われ敬遠される仕事です。弊社のロボット食洗サービスを活用することで、スタッフは残飯を捨ててお皿を裏返して置いておくだけで、あとはロボットがお皿を認識し、シャワー・ブラシによる予洗い、食洗機での洗浄、洗浄後のお皿を棚に並べる作業を自動で実施します。

AIによりマーカー無しで複数種類の食器を認識

高度な画像認識・AI技術を搭載しており、お皿に特定のマーカー(印)をつけずとも、また、お皿が汚れていたとしても、多種類の皿を区別して認識し、お皿にあった洗い方を可能としました。
生産能力:30分で約20~30人分の食器を洗浄可能
対応可能な食器種類:12種類

食器ごとに適切に洗い分け、お皿以外の食器も効率的に処理

お米粒の残りなど汚れが強いものはブラシで予洗いを行い、汁物や小鉢などの汚れが少ないものはシャワーによる水洗いをしたりと、食器ごとに適切な予洗い方法をロボットが判断をして洗浄します。 また、数が多いコップや箸、スプーンなどの食器は専用かごに入れるだけで、あとはロボットがカゴごと運搬し、洗浄します。

人によるオペレーションにも対応

人がシンクや洗浄機等の設備を使う作業との両立が可能であり、オペレーションを大幅に変更することなく導入いただけます。

本プロジェクトは、東京農工大学水内研究室とSRSホールディングス株式会社との共同研究として開発を進めてきたものです。

beer-serve.html