INTERVIEW

INTERVIEW

Keita

プロダクトデザイナー

人と働くロボットに心を吹き込む、プロダクトデザイナー!

入社前は?

「どうすればロボット業界で働けるかをずっと考えていた。」
小さいころからロボットが好きで、バンダイのロボットを改造して遊んでました。小学生の頃、コミックボンボンに兄弟で紹介されたこともあります (笑) 。
大学ではデザインを学ぶ傍らロボットに関わりたいと思ってましたが、当時は“ロボットのデザイナー”という職種自体がほぼ存在せず、未開拓分野でした。そんな中、どうやったらロボットにデザインで関われるかを考え、工業デザインの勉強に加え空間デザイン・サービスデザインを学びました。

入社理由は?

代表の哲さんからWantedlyでスカウトされたことがきっかけです。
エンジニアリングを勉強したいと思い前職を辞め、プログラミングスクールに通っていた頃に声を掛けてもらいました。やりたかったロボットのデザインという仕事ということはもちろん、会社見学に来た時に「ロボットのかわいい外装を作ってほしい!」と言われたことに背中を押され、ジョインしました。

いまの仕事内容は?

ロボットのデザインを中心に、新オフィスの設計・意匠計画や、展示会で使う什器のアドバイスなど、幅広くデザイン業務を担っています。
デザインをするときに大切にしていることはそのロボット単体での意匠をどうよりよくできるか、を考えるだけではなく、そのロボットが提供する体験価値をトータルで作ることを大切にしています。例えば「レイタくん」では、ユーザーがロボットに愛着を持てるかという観点と、仮にソフトクリーム巻きを失敗したとしても「愛嬌」として許せる外観になっているか、とかは意識したポイントですね。

仕事の醍醐味・やりがいは?

「コンテンツを0から考えて社会実装させることができる。」
CRはいままさに開発段階なので、コンテンツなどをいくらでも考えてロボットに組み込めることが醍醐味です。また、ハードウェアが絡んだロボット開発は自分の能力だけで実現できないのでチームでやる仕事の面白さもありますね。

コネクテッドロボティクスを一言で表すと?

「動物園 (笑)」
色んな領域のプロフェッショナルが集まってる会社だと思います!(笑)

コネクテッドロボティクスで実現したいことは?

「ロボットを社会実装してどう定着していくのかを見てみたい。」
ロボットがまだ社会にほとんど流通していない今だからこそ、自分たちでロボットを社会に送り出して、人々の生活に定着させるところまでやりきりたい。
あとはエンジニアリング寄りの仕事にもチャレンジしてスキルを磨いていきたいと思っています。仕事を通して常に自分を成長させたいという思いが強いので、いま既に自分の能力でできる仕事より、簡単にはできない仕事に常に向き合っていたいと思います。

仕事をする上で大切にしている価値観は?

「どうすればユーザーの心が動く体験をつくれるかを常に考えている。」
やはり、自分が携わったモノでユーザーに心が動く体験を提供できるか、にこだわりたいです。調理ロボットがお店に入ることでただ作業負荷が軽減されるということだけではなく、“スタバ”や“31アイスクリーム”で働く人がそこで働くことにワクワクしているように、飲食店でロボットと一緒に働くことに彼らがモチベーションを持ち、かつ楽しいと思ってもらえるような空間をつくらないとな、と思っています。

オフは何してる?

美術館に行くことが好きです(特に立体造形を見るのが)。何もなければ漫画を読んだりして過ごすことも。
自主制作では楽しいものを作りたいと思ってるので、そのための勉強会に参加したり、3DCGとか何かしら作ったりしてます。

ENTRY

Keita に関連する職種の採用情報はこちら