INTERVIEW

INTERVIEW

Keisuke

ロボットエンジニア

UIを作るうえで大切にしているのは、使いやすさ、です!

入社前は?

もともとものづくりをすることが好きで、高校では電子情報学科を専攻。高校の時にあった「ものづくり発表会」はすごく楽しかった思い出です。その後の道のりは最初から作りこんで道を歩んできた、というよりはその時その時の人脈や一期一会の機会を大切にして次に進む道を決めてきた、という感じです。サマースクールで約1週間イギリスに行ったのをきっかけに、その後とにかく行っちゃえ!の気持ちで高校でワシントン州のオリンピアに1年、大学ではカリフォルニア州のサンノゼに1年の留学したり。大学もサマースクールの時のOBから紹介された九州大学の「21世紀プログラム」という学部に入学したり。就活の時にはIT×ものづくりができる会社として前職に出会い、1社だけ受けてそのまま入社しました。良い意味で行き当たりばったりな人生を楽しんできた感じです!!

入社理由は?

CRに出会ったのは投資家500の採用イベント。前職では既存システム開発・保守や新製品の開発をしたりしていましたが、B to Bのビジネスということもありシステムがうまく動いて当たり前、しっかりできていてもなかなか顧客の良い反応が感じられない、という点に少しモヤモヤ。。まだ今できないことを技術でできるようにしたい、価値がある物を作って顧客にも喜んでもらいたい、と思っていたなかでCRと出会い、その事業内容にとても興味を持ちました。CRの会社見学をしたときに、高校の時の「ものづくり発表会」と似た雰囲気を感じ、直感でここだ!と決めました。

担当の仕事は?

いまは会社のロボットサービスで操作画面(ユーザーインターフェース※以下UI)が必要なものにはおおむね関わっています!
UIを作るうえで大切にしているのは、使いやすさ、です。何も考えなくてもユーザーが感覚的に使えるUIを目指しています!

仕事の醍醐味・やりがいは?

0からのUIを、裁量をもって開発できること!UI/UX担当は現在私1名なのでユーザーが使うときにストレスなくロボットシステムを使えるかどうかは私の責任だと思っています。その分仕事は大変な時もありますが、開発の最初からお客様に使ってもらうところまで全部を一人で担えることはやはりやりがいにつながっています!

CRの好きなところは?

プロジェクトに真摯に向き合っているところ。働く全員が本音で議論をして、プロジェクトに真面目に真摯に取り組んでるところが好きです。言ったら言いっぱなしということがなく、きちんと実行までコミットメントできる人の中で働けることが良いと思います!

仕事をする上で大切にしている価値観は?

ちゃんと“カタチ”にする&働くメンバーを“つなぐ”こと。議論をしているとどうしても抽象的な話になってその場ではイイネ、イイネ!となって想像が膨らんでいくことがありますが、大事なことはそれをしっかり実際の“カタチ”にできるかどうか。実際にプロトタイプでも作ってみると、思っていた以上にうまくいかない箇所が出てきたり、本質的な課題が見えてきたり。なので、アイディアが出たらとにかくまずは早く具現化してみる、ということをいつも意識しています。あとは、仕事をするときに自分だけの世界に閉じないことを大切にしています。自分が介入することで周りの人の困ってることや障壁が解決されるのであれば、積極的に関与して、どうしたら周りの人が辛くならないか、を考えながら仕事をしている気がします。

オフはなにしてる?

これまで歩んできた道のり同様、行き当たりばったりで行動するのが好きかもしれません。笑
そのとき出会ったことには結構何でもチャレンジしてきたので、サッカー、フットサル、テニス、ダンスなど色々トライしてきたものがそのまま趣味になっています!ダンスに興味がある人は教えます!!