PRODUCT

Chef Collaboration

人とロボットの協働調理

料理人が調理を行っている際に、ロボットが肉を焼いてくれたり、盛り付けの一部をロボットが担当してくれるなど、調理の補助を行うロボットです。当ロボットは、2019年2月に開催された国際ホテル・レストランショーにて展示を行ったもので販売は行っておりません。

協働ロボットで複数のタスクを担う

ハンバーガーの肉を焼く・返す、パンの上に肉と玉ねぎを盛り付ける、棚から皿や調理器具を取りだす、冷蔵庫から食材を取りだす、持ち手は自動で変更しヘラを掴む、オリーブオイルをかける、などの調理の補助を複数行います。

状況に応じた判断をロボットが学習

手元に画像認識を行うためのカメラが付属しており、周辺環境をロボットが確認しながら、焼く作業や、調理器具を取り出す作業を行う事が出来る。また機械学習を用い学習させる事でさらに精度を高める事ができます。

人とロボットが一緒に働く社会の実現に向けて

人のサポートを人が行う時代から、ロボットがサポートする時代へと少しずつ移行してきています。調理の現場でも定型的な仕事や繰返し行われる作業が沢山あります。その業務をロボットが担う事により、採用が難しいという課題解決や、お客様に楽しんでもらえるロボットの開発を進めていきます。