世界初のロボットたこ焼き店「OctoChef(オクトシェフ)」が長崎ハウステンボスにオープンします

ハウステンボス株式会社(所在地:長崎県 佐世保市)のハウステンボス内アトラクションタウンチーズワーフの一角にて、コネクテッドロボティクス株式会社の開発したロボットシステムを採用したロボットたこ焼き店「OctoChef(オクトシェフ)」が2018年7月20日(金)からオープンいたします。当店舗では、たこ焼きロボットのほかソフトクリーム ロボットも稼働します。

詳細は下記ファイルをご参照下さい。

プレスリリースPDF

FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展に出展しました

2018年6月12日〜15日に行われたFOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展 に出展いたしました。

非常に多くのお客様にご来展頂き、ロボットによるたこ焼きの実演中、ブースは大盛況となりました。

コネクテッドロボティクス株式会社では、2018年7月に自動たこ焼き調理サービス「OctoChef」をリリースするとともに、今後も飲食産業を革新しアシストするさまざまなロボットサービスを企画開発して参ります。

関連記事:

オートメーション新聞 「FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展 IoTやロボットの活用進む」 (2018.6.13)

ロボットスタート 『ロボットがたこ焼きを焼いてお弁当を盛り付け!「FOOMA JAPAN 2018」で注目のロボットたちと面白い技術を見てきたよ!』(2018.6.13)

 

日刊工業新聞の連載コラムへの寄稿がスタート

コネクテッドロボティクス代表の沢登は、日刊工業新聞の「AI・ロボット転機予報」にコラム寄稿を開始いたしましたのでお知らせします。今後、月1回ほどのペースで1年間の連載になる予定です。

日刊工業新聞「AI・ロボット転機予報(3)調理をロボットで革新する 」
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00476630/0

 

「FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展」出展のご案内

このたび弊社は2018年6月12日(火)~15日(金)に東京ビッグサイトで開催される

「FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展」に出展いたします。

弊社独自の自動たこ焼きシステム「OctoChef(オクトシェフ)」で利用しているアームロボットの

ユニバーサルロボット社ブース内に展示し、「OctoChef」による、たこ焼き調理の実演を行います。

システムをご紹介し、たこ焼きをご試食いただく予定です。

つきましては、ご多用の折とは存じますが、ぜひご来場くださいますようお願い申し上げます。

 

申し込み方法:下記URLより「来場事前登録」をお済ませになりお越しください。

http://www.foomajapan.jp

 

1.会 期:2018年6月12日(火)から15日(金)までの4日間
2.時 間:10:00~17:00
3.会 場:東京ビッグサイト 東1~8ホール
4.ブース:東4ホール 4B-13(ユニバーサルロボット社のブース内)

ホール内の地図はこちら

Makezine.jpに掲載されました

弊社についての記事がmakezine.jpに掲載されました。
昨年、Startup Weekend Roboticsでの優勝をきっかけにMaker Faire Tokyo 2017に展示させてもらった経緯があり、取材を受けました。

“タコ焼きロボット” はコモディティ化したロボットアームを使って社会のニーズに応えるプロダクトの最初の一歩 — コネクテッドロボティクス代表 沢登哲也さんインタビュー
http://makezine.jp/blog/2018/05/connected_robotics.html

ラジオ出演: 東京FM

コネクテッドロボティクス代表の沢登が、ラジオ番組「クロノス」の「追跡!」というコーナーにて自動たこ焼き調理ロボットシステムOctoChefについて話します。お楽しみに!

放送日時: 2018年5月7日(月) 7:20a.m.〜
番組: 東京FM クロノス「追跡!」

番組HP: https://www.jfn.co.jp/ch/

IBM THINK Watsonにて掲載

IBMのTHINK Watsonにて代表の沢登がインタビューに答えました。

 

当社はIBM BlueHubの第4期のスタートアップ企業に採択されており、たこ焼き調理ロボット「OctoChef」の技術の中にAI技術Watsonを用いております。

【目次】

飲食業界の課題に立ち向かう、たこ焼き調理ロボット「OctoChef」

・焼き具合の判別にWatsonの画像認識APIを活用

・ロンドンで学んだ多様性のある世界

・産業用ロボットを「飲食」に特化させた理由

・ロボットで未知のマーケットを開拓する

 

記事の詳細はコチラ

https://www.ibm.com/think/jp-ja/watson/connected-robotics/